img01.png

2022.12.03. Sat. 14:00-18:00

2022.12.11. Sun. 14:00-18:00
👇お申し込みはこちら👇

https://forms.gle/SGHExyt7EHyWdQKt8

【いばふく万博2022】

​​12月は「いばふく万博」の季節。
万博に参加していい年を迎えちゃいましょう!
そんな今年のいばふく万博は、こんな方にオススメです!

もっと、「面白く」仕事がしたい!
もっと、「面白く」人生を送りたい!

だけど現実は上手くいかない・・・

そのように人生を捉えている方にこそ聞いて頂きたいのです。

きっとみなさんの仕事や人生の道標になるような場となるはずです。

「面白く」したいを現実にしちゃいましょう!

【詳細】
DAY1  12月3日(土) 14:00〜18:00

DAY2 12月11日(日) 14:00〜18:00

参加方法:会場(フマニタスビルレンタルスペース)or zoom

※お申し込み頂いた方に会場までの地図もしくは zoomのURLをお送りいたします。

【ゲスト紹介】

いばふく万博のユニークな点は、福祉・介護業界以外で
大活躍されているゲストをお迎えすることにあります。

今年もさまざま業界で“面白く“仕事をされている方々をお迎えし
仕事の本質、人生の本質についてお話しを頂きます。

12月3日(土)第1部

白井 智子(しらい ともこ)氏

幼少期に難治性疾患を発症、15歳まで生きられるか分からないと言われて育った経験から「いつかじゃなくて、今叶えよう!」をモットーに生きる。高校卒業後はリゾートホテルにて経営企画、教育担当として7年従事。出産を機に退職後、都内で親子カフェの立ち上げ後、2016年自身の息子が3歳の時に「0歳から100歳の子どもたちのやりたいが叶う場所」として(株)ミライLABOを創業。多国籍な保育所MIRAI LABO KIDSの運営や、教育プログラム開発など7年で約15,000人の親子にプログラム提供。2022年、小学生と社会をつなぐキャリア教育事業としてCHEERS(株)を創業。全国の小学生向けに、子ども国会や起業家プログラムなど、子どもたちの可能性を広げる活動に全力邁進中!

12月3日(土)第2部

小国 士郎(おぐに しろう)氏

株式会社小国士朗事務所 代表取締役/プロデューサー。 2003年NHK入局。『プロフェッショナル 仕事の流儀』『クローズアップ現代』などのドキュメンタリー番組を中心に制作。その後、番組のプロモーションやブランディング、デジタル施策を企画立案する部署で、ディレクターなのに番組を作らない“一人広告代理店”的な働き方を始める。150万ダウンロードを記録したスマホアプリ「プロフェッショナル 私の流儀」の他、個人的なプロジェクトとして、世界150カ国に配信された、認知症の人がホールスタッフを務める「注文をまちがえる料理店」なども手がける。2018年6月をもってNHKを退局し、現職。携わるプロジェクトは「deleteC」「丸の内15丁目プロジェクト」をはじめ他多数。

12月11日(日)第1部

岩本 涼(いわもと りょう)氏

茶道家。裏千家での茶歴は16年を超え、現在は株式会社TeaRoom代表取締役を務める。サステイナブルな生産体制や茶業界の構造的課題に対して向き合うべく、静岡大河内地域に日本茶工場を承継。同年9月には裏千家より茶名を拝命。岩本宗涼として一般社団法人お茶協会が主催するTeaAmbassadorコンテストにて門川京都市長より日本代表/Mr.TEAに任命されるなど、「茶の湯文化× 日本茶産業」の切り口で活動中。日本発「世界を変える30歳未満」の30人を選出するプロジェクト「30 UNDER 30 JAPAN」のフード&ドリンク部門を受賞。

12月11日(日)第2部

田中 元子(たなか もとこ)氏

独学で建築を学び、2004年、大西正紀と共に、クリエイティブ・ユニットmosakiを共同設立。建築やまち、都市などの専門分野と一般の人々ととをつなぐことを探求し、建築コミュニケーター・ライターとして、主にメディアやプロジェクトづくり、イベントのコーディネートやキュレーションなどを行ってきた。2018年市民の能動性を最大限に高める1階づくりとして「喫茶ランドリー」をオープンし、グッドデザイン特別賞グッドフォーカス[地域社会デザイン]賞、リノベーションオブザイヤー無差別級部門最優秀賞を受賞。

年末はいばふく万博に参加して来年にむけて面白い未来を一緒に描きましょう!